〝おいかわ〟助安農場レポート.。o○♪ 『初めての農作業体験編②』 野菜配達前篇

拝啓 助安農場スタッフの皆様

この夏、とても暑い日が続いていますが、スタッフのみなさまお元気でしょうか。
旭川市在住のおいかわです。
助安農場さんのHPになんと、『初めての農作業体験編①』を掲載していただき、いやはや光栄に思います。文章はあまり得意でなくって、本当にすいません。

さて、さて、『初めての農作業体験編①』に引き続き体験編②をお伝えします。
助安農場さんでは店舗販売もされていますので、今回は17店舗すべてにお野菜を配送する、『店舗販売のお野菜、配送のお手伝い~!!!の巻』にチャレンジしました。

一つのお店で陳列にかかる時間を10分くらいとしますと、17か所ですから・・・、「え~っと、170分で約3時間弱」となります。さらに、店から店への移動時間も入れると、「うん~と~、半日のお仕事?」となるでしょう。

DSC02272 農場の朝はとても早い。
6時過ぎに農場へ伺いましたが、すでに社長さんはとうきびの皮むきをされていました。写真を一枚「バシャ」。あれ、たしか店頭に並んでいるとうきびは皮のついたものでしたが・・。今日は、とある店舗でゆでとうきびの販売をする予定でその準備とのことでした。それにしても、社長さんの両手に持っているとうきび、実がびっしり詰まっていますね。美味しそう!!「いや、うまいんじゃよ」。

配送担当スタッフの方と17店舗に並べるお野菜を、これまたとっても目立つトラックに積み込み、6時半、いざ、出陣。
DSC02276「足手まといにならないよう、頑張りまっす!」と声を発したもの、本当に大丈夫だろうかと自分でも不安。
店舗の営業開始は早いところで7時もあるが、ほとんどは9時だ。9時までに陳列できるのは数店らしい。ということは、お客さんの前での陳列となるため、お客さんからいろいろと聞かれることもあるだろうなあ~。これまた不安倍増。なにせ販売する仕事は一切したことがない私なので。

後編に続く~

コメント